購入申込・指値のポイント

  不動産購入申込の際には、購入申込書や買付証明書を記載するのが一般的です。

 その書面をもって売主さん側と不動産業者が交渉するわけですが、その際のポイントについて、お話したいと思います。ただ今回は、売主さんは不動産業者ではなく、一般の方、いわゆる仲介に関するケースについてお話です。

 皆さんが気になる物件を内見して、その後購入の意向が固まった際には、不動産業者より、書面にて購入の申込をしてくださいと促される事になると思います。その書面は不動産業者によって、呼名や内容は多少違いますが、おおむね「買付証明書」「購入申込書」「取纏依頼書」などの名称で呼ばれていて、購入希望者の住所・氏名、購入の希望金額、手付金の額、住宅ローンの利用の有無、その他条件などと購入物件希望物件の概要を記載する形になると思います。

 この書類(以下:買付証明書とします)を記載する場合の最大のポイントは、購入希望価格だと思います。その物件をいくらで買うのかです。売りに出されている価格で購入を希望するのであれば、既に他の方から買付証明書が提出されていない限りは、通常はお話が進むと思います。

 しかし、物を買う際には1円でも安く買いたいと思うのは普通の感覚だと思います。そのため、「いくらで買いたいのか?=購入希望価格」を決めて買付証明書に記入する必要があります。ただこれが非常に難しい問題です。

 売出価格は、売主さんの売りたい価格なので、ダメもとで思い切った指値をする方もいらっしゃいますし、控えめな指値の方、売出価格そのままの金額での購入申込の方と様々なケースがあります。

 実際のところは、売主さん次第といえます。中には厳しい指値に気分を害するような方もいらっしゃいますし、厳しい指値でも承諾される方もいらっしゃいます。そして、値上げの交渉をされる方も当然いらっしゃいます。

 弊社も、売主様側の不動産業者に売主様の意向や売出時期や経緯などを聞いて、情報を集めて提供するようにしておりますが、指値だけはしてみないと分からない事が多いです。ただ、売主様も人間なので、内見の際にお会いすることがあれば好印象を与えるように努力しておいたほうが良いでしょう。

 上記に加えて、注意したいのは住宅ローンの特約を付ける場合です。住宅ローンを借りること自体は全く問題ありませんが、問題はキチンと審査が通って、購入費用を借りられるのかということがポイントとなります。住宅ローンの特約とは、仮に住宅ローンの審査が承認されずに住宅の購入資金が銀行から借りられなければ、契約を解除できる特約です。その際には、手付金なども返還されて、特にペナルティを負わずに不動産売買契約が解約ができる買主さんにとっては有難い制度です。

 ですが、売主さん側に立って考えると契約は締結して、売却の準備を進めていたにもかかわらず、違約金もとれずに解約をされてしまったら、時間などを浪費するだけの結果になります。

 そのため、買主さんは、住宅ローンの事前審査を通しておく方が無難です。そうしておくことによって、われわれ不動産業者も売主さんと交渉がしやすくなり、結果として指値が通りやすくなります。交渉事ですから、相手の立場も考えて有利な交渉をしたいものです。

 マイホームの購入を考え始めた あなた!是非 誠実不動産にご相談ください。あなたの立場に立って、親身に誠実に売主側との交渉を進めてまいります。

まずは、04-7100-3217へお電話をお願いいたします。