Amazonショック!

2015年9月に閉店したイオン取手店(旧ジャスコ)が解体されておりました。

我孫子方面から行くと新大利根橋で利根川を渡って左側ですね。右側のお向かいには

ホーマックやケーズデンキ等があります。

イオンが閉店後、どんなテナントが入るのか注目していたのですが、結局2年以上が経過しても

借り手が見つからなかったのか、現在は建物を解体中。

他人事ですが、モッタイナイと思う次第です。

海の向こうアメリカでは、ショッピングモールの閉店が目立ってきているそうです。

原因は、ズバリ「Amazon」などのネットショッピングだそうです。

日本でも百貨店は言うに及ばず、スーパーやショッピングモールなどもAmazonなどの

ネットショッピングに脅かされているようです。

日本では、昔、大店法という法律で大型店の出店が規制され、個人商店や商店街を守ってきたのですが、2000年には大店法が撤廃され、大型店が近隣の商店街をシャッター通りに変えました。

それから20年弱、その大型店がネットショッピングによって閉店に追い込まれる時代になってきました。

確かに便利ですよね。ネットショッピング。

当初は書籍がメインだったAmazonも今では生鮮食品まで手を広げつつありますし、

車からスマホの電池まで何でも買えます。

そのうち不動産も買える時代になるのではないでしょうか。

弊社もAmazonに駆逐されないように、フットワーク良くお客様に寄り添い、

幸せを運ぶ不動産会社であるように努力いたします。

中古住宅・中古マンション・土地などを購入予定の方は、是非 誠実不動産にご相談ください。

電話04-7100-3217 または右側の「お問い合わせ・ご相談はこちらから」をクリックして

メールにてご相談くださいね。

最後までお読みいただき有難うございました。感謝しております。