誰でもできる 我が家の耐震診断。

国土交通省住宅局 監修の「誰でもできる 我が家の耐震診断」という冊子をご存知ですか?

冊子というよりは、三つ折りのパンフレットといった方が良いかもしれません。

市役所の建築関連部署の前に置いてあることが多いです。

我孫子市市役所では、建築住宅課の前に置いてありました。

中身には耐震診断問診票というのが記載されております。

耐震のポイントを10個問診するような形になっています。

建てた時期→旧耐震基準か、いわゆる新耐震基準か?

建物の吹き抜けの有無などを問診しています。

判定で10個の問診が各1点で、最高が10点となるのですが

10点満点でも「ひとまず安心ですが、念のため専門家に視てもらいましょう。」

といった内容になっていることです。

いかにもお役所的な感じです。

ただ、この問診10個は、中古住宅を選ぶ際の参考になりますので

覚えておいた方が良いかもしれませんね。

詳細は、アップロードしているPDFファイルをご参考にしてくださいね。

個人的には、今回の熊本地震のように震度5以上の地震が何度も何度も発生すると

どんな建物でも危険なのではないかと思ってしまいます。

 

早く地震が終息することを祈るばかりです。

亡くなられた方のご冥福をお祈りすると共に被災された方、ご関係者の方には

心よりお見舞い申し上げます。

また、不眠不休で救助活動をされている消防・警察・自衛隊・行政等の皆様

本当に感謝しております。

ダウンロード
誰でもできる我が家の耐震診断
誰でもできる我が家の耐震診断.pdf
PDFファイル 3.4 MB