我孫子 資産価値ランキング2位の怪。

SUUMO 千葉県茨城県南版 2016.1.12号の資産価値ランキングで我孫子駅が2位に。

我孫子市民としては、うれしい限りですが、昨年の地価公示の値下がり率では、住宅地でも

総合でも千葉県下で第一位でした。

つまり、千葉県下で一番土地が値下がりしたのが我孫子市でした。

にも係わらず、SUUMOさんの「千葉の街 資産価値ランキング」では、1位の千葉駅に続き

堂々の第2位となっています。

この矛盾を解きほぐすには、ランキングの根拠を知る必要があります。

このランキングの根拠は、東京カンテイという会社が発表しているマンションPBRというものです。

簡単に言うと中古マンションの価格を新築マンションの価格を割ったもの。

この数値が「1」であれば、中古になっても
新築と同じ値段でマンションが売れているということ。

都内では、マンションが値上がりして、買った値段以上の価格で売れていることもあり

このマンションPBRが「1」を超えていることも多いのです。千葉県では「千葉駅」の「1.00」が1位。2位が「我孫子」の「0.98」

3位が「市川」の「0.97」・・・・。

ちなみに柏駅はランク外です。

しかし、国土交通省が調査して発表している地価公示では、千葉県一の値下がりをしているのが我孫子市で、これは役所のホームページにも載っている事実です。

 

この矛盾を解消する理由を考えると

土地の価格が下がっても、マンションの価格が下がらない。

我孫子駅の周りだけ、スポット的に資産価値が下がっていない。

東京カンテイがいい加減な調査をしている。

といったことが考えられますが・・・・。

恐らく、新築マンションが販売されていないのが、理由だと私は分析しています。

ここ数年間、私の知る限り、我孫子駅近郊で新築マンションの売出がありません。

つまり、中古マンションの価格を割り返す新築マンションの価格データがないのが

真相だと思われます。

データがなければ、いくら東京カンテイさんでも正しい数値は出しようがありません。

ただ「我孫子」・・・・・。
SUUMOさんの住み心地調査(安全度、子育て、医療、買い物などを比較したもの)では

評価も高いので、決して悪い街ではありません。

むしろ地価が下がっていて今がお買い得といったことも言えるのではないでしょうか。

我孫子・柏にて、マイホームのご購入をお考えの方は是非 誠実不動産にご相談くださいね。

最後までお読みいただき有難うございました。

ダウンロード
平成27年度 地価公示変動率 順位表
我孫子市は、今がお買い得?
平成27年度 地価公示変動率 順位.pdf
PDFファイル 8.1 KB