杭データの改ざん問題

横浜のマンションの杭工事が不良。データも改ざん。建物が傾いた事件。

おそらくゼネコンやマンションディベロッパー、管理会社などは、対応に追われていることと思います。

そして、マンションにお住いの方は、ご心配されていることと思います。

また、我が家は、一戸建ですが地盤が良くないため、杭工事を実施しています。

築15年以上で傾いていないので大丈夫だと思いますが・・・・。

杭工事のデータなんて我が家にはありません。

実は、これと同じことがマンションにも言えるのではないでしょうか。

一般的に施工に不具合があれば、築10年ほど経過するなかで不具合が出てくるのではないか

と思います。

そして、マンションによっては、管理組合が杭工事のデータをお持ちでないケースも多いと思います。

通常、分譲マンションの場合、建築に係わる図面関係は管理組合が事業主の会社から受領して管理室などで保管しているのが一般的です。

実際に新築マンションの場合には、管理組合の役員さんなどは決まっていないことがほとんど

なので、マンション管理会社が受け取ることが多いと思います。

数年前の姉歯建築士の耐震偽装事件までは、構造計算書などについては、マンションの区分所有者さんも管理会社も事業主も誰もが、構造計算書などには、見向きもしませんでした。

ですから、マンションの竣工図はあっても、構造計算書を持っていないマンションの管理組合が沢山ありました。

当時、マンション管理に係わっていた私は、事業主や建築会社に問い合わせて、構造計算書などを交付していただいた経験があります。

ただ、中には事業主や建築会社にも構造計算書がなかったり、倒産していたり、といったケースもあり、入手できないケースもありました。

恐らく杭工事のデータも同様な状況ではないでしょうか。

そして、このようなデータは、素人が見ても分かりません。

一級建築士でも判らない方もいるのではないでしょうか。

それぐらい専門的なものなので、悪意を持って改ざんされたら、手の打ちようがないのが

現状だと思います。

マンションの購入をご検討の方は、お部屋内だけではなく、建物の外部にも

気を配って物件選びをすると共に、管理会社や管理人さんからのヒアリングも

してみると色々な情報が手に入れるかもしれませんね。

また、管理組合の総会の資料なども極力取り寄せてみてみると色々な事がわかると思います。

「マンションは、管理を買え」などという格言がある割には、そのあたりの意識が薄い不動産業者も多いのが現状です。

中古マンションのご購入をご検討の方は、是非弊社にご相談ください。

宜しくお願いいたします。