中古マンション・中古戸建のリノベーション⑨

中古マンション・中古戸建のリノベーションの9回目です。

なぜマイホームを買った方が良いのか?お勧めするのか?

理由の5つ目です。

それは、

「良い物件を買えばお金を生み出す」からです。

良い物件は資産になり、悪い物件は負債になる。

言い換えれば

賃貸物件がお金を生み出すことはありません。

今、40万部を超えるベストセラーになっている本。

「お金が貯まるのはどっち?」の中でも

マイホームの購入が薦められています。

ただし、資産になるような物件を!といったことがアドバイスされていて、

特に立地については、徹底的にこだわるように書かれています。

売るときに高く売れる、貸すときに高く貸せる物件です。

この本では、資産を残したいと思ったら、人のお金を活用しなさい的なことが言われていて

それには、住宅ローンが低金利で高額のお金を貸してくれるので、有効といったことがアドバイスされています。

学生でも2DKのような小さ目の中古マンションを購入して、

友人とルームシェア。

友人からの家賃をローンの返済に充てる。なんて提案もなされています。

ご興味のある方は、是非お読みになられると良いと思いますよ。

既に日本は人口の減少時代に入っているので、

不動産バブルよ再び!といったことにはならないと思いますが

賃貸物件で家賃を払い続けるよりは、築10~15年程度で値下りが落ち着いた

立地の良い物件を買ってリノベーションして住む。

なんて言うのも一つの手かもしれませんね。

 

個人的には、柏市であれば「柏駅」または「柏の葉駅」の徒歩圏。

我孫子市であれば、「我孫子駅」または「天王台駅」徒歩圏の物件をお勧めいたします。

この辺りであれば、将来コンパクトシティ計画が本格化しても居住推進地域から

外れることは無いと思いますから。

 

最後までお読みいただき有難うございました。