中古マンション・中古戸建とリノベーション。⑥

なぜ、住宅を購入することがお勧めなのか?を考えてみたいと思います。

中古マンション・中古戸建のリノベーション① でお話しましたが、グラフでも解るとおり、日本は急激な人口減少社会です。今までの人口右肩上がりの時代の常識は通用しません。

日本の未来や不動産事情は、見通しずらい時代に入ったのかもしれません。

ただ、人口が急激に減少しているなかで、新築住宅が平成25年には、98万戸、平成26年には、89万戸も造られています。空き家率も最新の統計データでは、13.5%と「日本の住宅の内、100軒に13軒以上が空家」となっています。

この様な状況を「需要」と「供給」で考えて行けば、住宅の「需要は大幅減少」「供給は増加」といった傾向にあるのは、間違いなさそうです。

このようなことから考えると「買う」にしろ、「借りる」にしろ、住宅に係るコストは減少して行くのではないでしょうか。

では、なぜ購入した方が良いのか。私の考えをお話したいと思います。

 

理由①満足感とステータスです。

やはり所有に関する満足感やステータスは、賃貸物件では味わえないのではないでしょうか。

建物や設備のグレードも購入物件と賃貸物件では、多くの場合は違いが見受けられます。

やはり、賃貸物件は見劣りするケースが多いです。
多くの賃貸物件は、住宅ローンよりも高い金利で借りた資金で建てられていながら、家賃から利益を生んでいます。そのようなことを考えれば割高な住宅コストを支払っているとは考えられないでしょうか?

また、マンションなどの集合住宅で比較すると賃貸物件は管理体制や住民のマナーが悪いことが多いです。

分譲マンションは、基本的に住民が直接、管理費を払っているので管理会社に対するチェックも厳しく、住民自体も自分たちの財産と住環境を守っていくとの意識も高く賃貸物件とは住民の意識が違います。

この辺も数字には換算しにくいメリットだと思います。

 

理由②ライフスタイルに合わせて自由自在。

当然ですが、賃貸物件は自分の自由に改装したりすることはできません。一部の賃貸マンションなどでは、改装可能な物件もあるようですが、数は少ないですし、古い物件が多いと思います。昭和56年5月までに建築確認申請をした物件であれば、いわゆる旧耐震の建物の為、耐震性の心配があります。

購入物件は、戸建であれば法律に違反しなければ改装は自由自在です。マンションも前回のブログでお話した通りお部屋内なら大概の事は可能です。

住む方のライフスタイルに合わせて、住まい造りが楽しめて生活が充実します。

 

そのほかにも、マイホーム購入をお勧めする理由がありますが、また次回のブログでお話したいと思います。

 

千葉県柏市・我孫子市近郊で中古住宅(中古マンション・中古戸建)の購入をお考えの方は、誠実不動産へご相談ください。ご相談は無料です。

電話070-6994-4396です。メールからもご相談も随時受け付けております。