住宅ローン? 現金? どっちがお得????

先日、お客様から「マイホームを現金で買う」のと「住宅ローンを組んで買う」

「どちらが得なんですか?」
とのご質問があり、私なりに検証してみました。


概算での検証です。

購入するのが、我孫子または柏の中古マンションで価格は2000万円。

住宅ローン減税に該当する物件です。

 

諸費用と、頭金200万円は現金払い。

残金1600万円を返済期間10年の住宅ローンを組んだ場合と全額現金で購入した場合です。(金額は概算です。)

住宅ローンは、ソニー銀行で想定。

借入金1600万円で返済期間10年。ボーナス払いは無。

自己資金が10%以上だと平成26年9月現在で固定金利で1.188%。

同行のシミュレーションでは、毎月返済額は、141,476円。毎年返済額は、1,697,712円。

総返済額は、16,985,391円。(総返済額は、ソフトの関係なのか8,271円誤差?が出ます。)

諸費用は、228,720円となります。

金利負担と諸費用を合計すると1,214,111円。

住宅ローンを借りることによって発生するコストは、「約121万円」となります。

住宅ローン控除がある。

現在は、所得税の減税措置として「住宅ローン控除」の制度があります。

条件にあてはまれば、通常、住宅ローンの年末残高から1%の金額を所得税(一部住民税)から控除できる制度です。(適用条件は、必ずご確認ください。)

仮にこの1%の金額を10年間全額控除できたと仮定して試算すると

約76万円ほど税額控除がされます。

住宅ローンを借りることによって発生するコスト「約121万円」

住宅ローンを組むことによって、控除される税額「約76万円」

「121万円-76万円=45万円」

1600万円を10年間投資に回して、45万円以上稼げるのか?

さて、この45万円を借りなかった1600万円を基に10年間で稼ぎだせるのか?

ということが一つの判断材料となると思います。

仮に1600万円を1%複利で10年間運用すると「17,680,000円」になるかと思います。

つまり「168万円」は稼ぎだす訳です。

今の銀行預金では、無理ですが、1%と聞くと何とかなりそうな気もしますね。

毎月ローンの返済があることを忘れずに。

ここまで書いてくると、私自身。

1%で運用ならできそう。住宅ローンを借りて運用した方がお得と思ってしまいますが

住宅ローンを毎月約14万円返済する必要があることを忘れずに。

14万円のローンって、結構な金額ですよね。

 

ただ、ソニー銀行を始め、多くの住宅ローンには「団体信用生命保険」が付帯しているので

債務者が死亡などで住宅ローンを返済できなくなっても、ローンだけ無くなり、家族には

住宅を残せる。

こんな安心も付いてきます。

 

また、インフレになれば、物(家)の価値が上がり、お金(借金)の価値が下がります。

 

この辺りのことを総合的に考えて、ご判断いただければと思います。

最後は、自分の金融リテラシー次第ってことですね~。きっと。

実施に当たっては、必ず専門家にご相談くださいね。

 

最後までお読みいただき有難うございました。