マンションと駐車場。①

今冬最強?の寒波が襲来中の日本列島ですが
皆さん、お元気でしょうか。

アタクシは、幸か不幸か、家庭内で水仕事(お皿洗いなど)が多く

分譲マンションと駐車場イメージ
分譲マンションと駐車場

今冬最強?の寒波が襲来中の日本列島ですが
皆さん、お元気でしょうか。

アタクシは、幸か不幸か、家庭内で水仕事(お皿洗いなど)が多く

結果として、頻繁に手洗いしているのと同様の効果があるらしく、

風邪もひかずに元気に過ごしておりまする。

 

皆様も「うがい」「手洗い」が風邪予防の基本らしいので

実践してみては如何でしょうか。

頻繁な水仕事・・・・・・。

 

さて

本日は、分譲マンションと駐車場についてのお話です。

 

分譲マンションの駐車場、所有者は?!

マンションと駐車場
マンション駐車場の王者。平置き駐車場

分譲マンションの駐車場は、通常、マンションの区分所有者(お部屋のオーナー)の団体「管理組合」の所有が一般的です。

駐車場の使用者は、毎月賃料を管理組合に支払います。

当然、支払われた賃料は、管理組合の収入となり、日常の管理や修繕積立金の一部となります。

 

ところが、マンションのディベロッパーさんによっては、

マンションの駐車場をお部屋と同様に売却してしまうケースがあります。

そうすると、マンションの駐車場は、管理組合ではなく、個人の持ち物になります。

そのようなマンションは、一般的にお部屋自体の新築売り出し価格は若干安めのことが

多くお得感を感じ、購入を決めた方も多いかと思います。

 

しかし、購入してからの管理組合運営の面からみると良いとばかりは言えません。

管理組合の駐車場収入が「少ない」又は、「ない」ということは、構成員であるお部屋の区分所有者が直接負担する分が増えることになります。

 

管理組合所有の駐車場が沢山あり、利用者の多い管理組合は、それだけ駐車場からの賃料収入があるため、管理費や修繕積立金が少なくて済みます。

 

管理組合の駐車場運営が上手く言っているマンションは、管理費・修繕積立金の徴収が

割安でも十分な修繕積立金が貯まって行きます。

 

管理費・修繕積立金は、マンションを所有すれば、毎月コンスタントに支払う費用なので本当に侮れません。

 

皆さんも中古マンション選びをする際には、マンションの駐車場が管理組合の所有で

賃料が管理組合の収入となっているのか。

確認してみると良いかもしれませんね。

 

マンションの維持や管理をする上では、節約しても必ず一定のお金は掛かります。

足りなくなれば、負担するは、所有者さんですから・・・・・。

 

次回も、駐車場についてお話したいと思います。

 

最後まで、お読みいただき有難うございました。