マンションか?戸建か?どっち????

私は、毎日健康のためにウォーキングをするようにしております。

朝夕は近所に我孫子市立の小学校があるため、登下校の際に父母の方々が交代で、通学路に立って誘導している姿を見かけます。

そんな中、アタクシは、子供たちの健やかな成長を願いつつ、不審者に間違えられないように細心の注意を払ってウォーキングをしております。

この近所の小学校は、この少子化時代の中で、我孫子駅前にマンションが大量に供給されたために、世間では学校の統廃合が進む中、数年前に校舎を増設した珍しいパターンの学校。不動産業は、地域に密接に結びついていると感じられるエピソードです。

 

ところで人が結婚して、子供が生まれ、家族が増えてくるとマイホームを購入したいと思うのは自然の流れだと思います。すると必ずと言っていいほど、突き当たる問題は、
マンションにするか。戸建にするか。

では、ないでしょうか。

もちろん、某保険のCMのように「俺は絶対戸建っ!」って決めている人は別ですが

改めて、それぞれのメリット・デメリットをまとめてみたいと思います。

 

戸建は何事も自己責任。

戸建は、何事も自己責任ですから、基本的に自由です。
自由とは、便利でもあり、不便でもあります。

 

メリットとしては、

基本的に騒音の問題も起こりにくいので、隣家との距離が普通であれば、早朝や深夜に洗濯も出来ないことはありませんし、子供の足音などで下階に気を使う必要もありません。原則ペットも飼い放題で、駐車場代も不要ですし、車を使うのに機械式駐車場を動かす煩わしさもありません。

自転車も敷地内に自由におけますし、駐輪場の抽選会に出る必要もありません。

ガーデニングが好きな方は、やり放題です。地震などが来て建物が壊れても土地は残ります。管理組合の役員などの煩わしい仕事がないなどでしょうか。マンションのように管理費や修繕積立金の負担もありません。

 

デメリットとしては、

同じ価格帯であれば、マンションよりロケーションが悪くなる傾向がある。防犯面に不安がある。庭の掃除が大変。一般的にマンションの役員ほどではないが、ゴミ置き場の清掃当番があったり、町会活動があったりもします。雪の日には、家の前の雪かきも必要です。そして忘れてならないのは、自分で家のメンテナンスを実施しなければならないことです。月1万円程度は資金をためて、計画的に修繕していく必要があります。

何事も自己責任ですね。

 

マンションは、持ち家とはいえ共同生活。

マンションは、持ち家とはいえ、集合住宅ですので、共同生活の部分は排除できません。
良くも悪くも、他の居住者や所有者の団体である管理組合との関わりが出てきます。

 

メリットとしては、

利便性があげられます。ロケーションは、通常、同じ価格帯の戸建より良いことが多く、駅に近かったり、買い物に便利だったりします。セキュリティーも戸建に比べると有利です。オートロックや防犯カメラがあったり、管理人がいたりします。

上層階であれば、眺望や日当たりが期待でき、蚊がいないという意見もあります。

また、部屋の場所にもよりますが、、隣や上下階に部屋があり暖かいので、暖房費が節約できるなどという人もいます。

修繕も基本的には、管理組合にて検討・実施しますし、何か問題が発生しても、管理会社や管理組合・理事会などが対応してくれる可能性が高いです。

廊下・階段・エレベーター・ゴミ置き場・建物廻りの清掃も原則として管理会社がやってくれます。固定資産税も安いと言われています。

 

デメリットとしては、

管理費・修繕積立金の支払いがあったり、他の居住者とのトラブルが考えられます。騒音や生活マナーや考え方の違いなどがトラブルになったりします。

また、ペットの問題も多いです。ペット禁止のマンションでも隠れて飼っている人がいたり、ペット可のマンションでもマナーを守らなかったりします。

役員の順番も廻ってきますので、通常は何年かに一度はやることになります。

ただ、管理会社が入っていればある程度はフォローしてくれます。 

 

どっちが良いのかは、購入者の考え方次第です。

ただ、これからは、空き家が増加してくる時代です。資産価値の下がりにくい住宅を購入すれば、家族構成やライフスタイルに合わせて、人生に何度か住宅を買い替えることができる時代になるのではないでしょうか。