不動産業界はどうなっているのか?

不動産業界は、売主中心で動いている!?

不動産業界のイメージ

不動産売買の世界は、売主側が中心に動いているって、ご存知ですか?


 ご自宅のポストに入ってくる不動産の広告は、2種類に大別されます。一つは、売物件の広告。「どこの住宅が幾らで売ってます」という広告。そしてもう一つが、売物件を探す不動産屋さんの広告。「査定無料とか、今この辺りで住宅を探しています」という広告です。 いずれも、売主さん側が中心だと思いませんか?

 

不動産業界は、売主さんを確保することが、利益を出す近道なのです。

無料でもいらないような物件でなければ、一般の住宅なら価格を下げて行けば、どこかで必ず売れる訳です。売れれば不動産会社には、仲介手数料が入ります

そのため多くの不動産会社は、売主さん、売物件の確保に努力しているのです。

このことは、柏・我孫子などの常磐線沿線の中古マンションや中古住宅に限らずに全国的に一緒です。

 

仲介手数料の基礎知識。

仲介手数料の流れ

住宅や土地などを購入する際に、不動産会社に仲介を依頼すると通常は仲介手数料が発生します。この手数料の上限は法律で決められています。

仲介手数料の報酬限度 参照

 

個人の売主さんが個人の買主さんに住宅を売る場合を考えてみましょう。

図のように、「売主さん」と「買主さん」それぞれに仲介業者が入って仲介手数料が発生する仕組みが一般的です。

(400万円以上の物件は3%+6万円が上限額)

これを不動産業者は「片手」といっております。つまり、「売主さん」または「買主さん」の片方から手数料をいただく取引だから「片手」

しかし、「売主さん」と「買主さん」の両方の仲介業者に1社の不動産会社でなることも認められております。この場合は「売主さん」と「買主さん」両方から仲介手数料をいただくことができます。これを「両手」と呼んでおります。

当然、両手取引であれば1つの取引で2倍の利益があがりますので、不動産会社は、両手取引を狙います。なんといっても利益が2倍ですから。

 

ただ、「売主さん」「買主さん」の立場に立つと、どうでしょうか。

「両手」取引では、自分の仲介業者が取引相手の仲介業者でもある。自分のブレーンが取引相手のブレーンでもある。私なら、なんとなく不透明感を感じてしまいます。

民主党政権の時代には、「両手取引は、利益相反行為なので禁止にしよう。」といった動きもあったくらいです。

 

不動産業界のしくみ
これで良いのか????

その不動産業者は、あなたの味方ですか?

不動産業者の都合で取引していませんか?

 

業界の仕組みを理解しましょう。

不動産業界には、国土交通大臣より指定を受けた不動産流通機構が運営しているコンピュータシステム「レインズ」があり、売主さんから依頼を受けた不動産業者が売り物件を登録しています。

同時に購入希望者さんから依頼を受けた不動産業者が検索を行い物件を紹介しています。

 

レインズのイメージ

 

全ての物件は、基本的にレインズに集まっており、

どの不動産会社でも同じ物件を紹介できます。

 

レインズ検索画面
レインズ検索画面(例)

マイホーム購入のバイヤーズエージェント

住宅を頻繁に購入する人は、少ないと思います。そして、初めて住宅を買うか方も多いのではないでしょうか。

そんな時に買う人に立場にたって、仕事をしてくれる不動産会社がとても少ないのに気づきました。

 

私も不動産会社に勤めていた時は、毎週の営業会議では、上司から責められて、ノルマ達成に追われておりました。

正直に申し上げて、完全にお客様の立場に立って仕事ができたのかは疑問が残ります。

 

弊社は、大手ハウスメーカー勤務・マンション管理士、管理業務主任者、マンション維持修繕技術者・二級建築施工管理技士の知識・経験を生かして、常磐線沿線の我孫子市・柏市・松戸市などの中古マンション・中古住宅を中心とした住宅購入専門の不動産仲介会社として、買主さんの立場にたって業務を進めていきますので、ご安心してご相談や物件紹介のご依頼をしてください。

日本の将来を知ると住宅の選び方が変わってきます。

日本の住宅事情はどうなる?←是非お読みください。